トップページへ戻る

リンク | サイトマップ

腎グループ

腎臓専門医、透析専門医を目指す


東北大学病院は日本腎臓学会の認定施設となっており、腎・高血圧・内分泌科で研究や診療の活動をすることでこれらの専門医取得ができます。下記のごとく、腎グループを中心とした研修カリキュラムを策定しましたので、公開いたします。


腎臓内科研修プログラム


到達目標


1.慢性腎臓病(腎炎、ネフローゼを含む)領域

 1)一般内科全般で基本とされる病歴や理学所見に加えて、腎臓病に比較的特異的な病歴や所見を把握することができ、腎臓病の鑑別診断の絞り込みができる。

 2)腎臓病を伴う全身性疾患(糖尿病、膠原病、血液疾患等)の診断を理解している。

 3)腎臓病の診断における尿検査の意義を理解し、尿検査所見から腎臓病の鑑別診断を想起することができる。

 4)腎臓病の診断や腎機能の評価のための血液検体による生化学、免疫学的検査、腎機能検査、クリアランス検査の意義を理解している。

 5)検査に伴うリスクが低い患者に対して、腎生検のインフォームドコンセントを得ることおよび術者としてエコーガイド下腎生検を実施できる。

 6)腎生検診断ができる。

   A.糸球体、尿細管、血管を構成する細胞の種類を観察して同定できる。

   B.代表的な一次性糸球体疾患の診断ができる。

     IgA腎症、膜性腎症、膜性

   C.上記Aの一次性糸球体疾患の病理組織学的な進行度や組織学的分類について理解している。

   D.代表的な全身性疾患に続発する腎臓病にそれぞれ組織学的特徴や組織学的分類があることがわかる。

     糖尿病腎症の組織型、ANCA関連糸球体腎炎、ループス腎炎、IgG4関連腎臓病、パラプロテイン腎症

 7)遺伝性、ないしは先天性の腎臓病について理解している。

 8)診断された腎炎、ネフローゼ症候群の治療計画を立てることができる。

   疾患別診療ガイドライン、研究論文に基づいた治療計画。

 9)副腎皮質ステロイドの薬理作用と効果発現機序について理解して投与計画を立てることができる。

 10)免疫機能調節、分子標的薬の適応と使い方がわかる。

 11)慢性腎臓病(CKD)の長期予後に影響を与える因子を理解している。

   腎臓専門外来で診療ができる。


2.急性腎障害

 1)急性腎障害の診断分類(RIFLE分類、AKIステージ分類)に基づいて評価できる。

 2)腎前性、腎後性を鑑別できる。

 3)腎性の場合、原因や病態を明らかにする手順や方法を理解している。

 4)急性腎障害の治療

   輸液管理:水、電解質管理の習得目標に沿って病態にあった管理ができる。

   腎代行療法:血液浄化療法部を中心としたコースのプログラムに沿って修得する。


3.水、電解質管理

 1)体液の分布と組成(細胞外(血管内、血管外)、細胞内)

 2)水電解質代謝系

   Na、K、Cl、Ca、P、Mg 代謝調節機序、異常時の病態を説明できる。

 3)酸塩基平衡の生理と異常の病態に関して血液ガス分析データを正しく評価できる。


4.腎臓の内分泌機能と関連臓器の生理を理解している。

 1)造血機能

 2)循環動態調節機能

 3)骨代謝調節機能


5.慢性腎不全

 1)保存期 (CKD G4-5)には慢性腎不全の原因となった腎臓病を理解した上で保存期管理、治療計画が策定できる。

 2)腎代行療法期(CKD G5)

   血液浄化療法主体コースのうちのエッセンスを修得する。特に慢性腎不全の3つの腎代行療法(血液透析、腹膜透析、腎移植)の原理や特徴を理解している。

 3)腎不全期、併存病態に最適化した栄養管理計画が策定できる。

 4)食事、運動、社会参加など生活全般に関してサポートできる腎臓医をめざす。

 5)2)と3)4)を基礎として、患者に最適な腎代行療法を提案できる。

 6)腎不全患者への禁忌薬剤や慎重投与する薬剤を適切に判断できる。


6.腎臓病患者の合併症、併存疾患のうち、腎臓病患者の生命予後に重大な影響のある次の疾患のリスクを理解している。

 1)心疾患 心不全、冠動脈疾患

 2)感染症 呼吸器感染症(真菌や結核を含む各種病原体)、血流感染症


7.血液浄化療法部を中心としたコース(日本透析医学会研修プログラムもご参照ください)

  東北大学病院血液浄化療法部で診療に従事することで血液浄化療法の専門医認定に必要な症例の経験を積むことができます。

  総合病院の中央特殊診療部門であることから、腎高血圧内分泌科と兼務またはローテートする、あるいは血液浄化療法を通じて担当診療科の診療に参画することによって、広い領域の血液浄化療法を要する病態や疾患について学ぶことが可能です。

  一例として日本透析医学会専門医認定要件として下記に示す症例要件と学会総会ならびに学術集会参加、原著発表をおこない、専門医受験の準備をしていただくことができます。

  専門医の受験資格に必要な症例の項目:維持透析症例、慢性腎不全透析導入症例、急性腎不全血液浄化症例、膜透析症例、血液透析装置組み立ておよび操作症例、バスキュラーアクセス作製症例(助手例も含む)、一時的バスキュラーアクセス留置症例、透析症例剖検例または死因検討例、その他の血液浄化法(血漿交換,吸着,顆粒球除去など) 、腎移植症例,他施設での腎移植術研修,術後診療,情報提供


  東北大学病院血液浄化療法部では合併症治療のために入院となった維持透析患者さんについて透析医療の専門知識に基づいて診療科の担当医とともに診療に当たります。当院では透析患者の心血管系の大きな手術や治療、がん治療の症例が増加しておりますが、高齢化、糖尿病腎症由来の腎不全が増加していることから、科横断的に血液浄化療法部に集約される腎不全患者の全身管理について評価、提案、指示を当部門から診療科に対して発信します。これによって専門診療科が最善の治療効果を得るように貢献しています。そこには、外来維持透析患者の管理だけでは決して見えてこなかった透析医療の一面があり、当部での研修の特徴の一つです。

  東北大学病院血液浄化療法部における持続的腎代行療法(CRRT)、アフェレシスの現状。

  循環動態が不安定な重症例の腎不全の管理にはCRRTが適しています。敗血症性ショックや多臓器不全(MOF)への急性腎障害(AKI)、術後AKIにおけるCRRTの治療条件の設定には個々の患者病態の多様性、一人の患者の縦断的な病状の変化を正しく評価するスキルが求められます。血液浄化療法部では診療科担当医や集中治療医、救急医の評価や治療計画について随時情報収集して、最適な血液浄化療法を提供できるよう協力体制を取っています。

  重症、難治性疾患に対してのアフェレシス療法には敗血症や多臓器不全への実施、免疫異常が関与した難病への実施の大きく2つに分かれます。病院内で実施したアフェレシス療法は当部門で全科を対象として準備を行い、病院全体の実施状況を管理しています。これは、アフェレシス療法に関する最新の治療技術を提供し、効果や安全性を高めることに有益なナレッジマネジメントといえます。アフェレシス療法の対象となる疾患は発生頻度が高くない、かつ重症例に実施されることが多いため、治療効果に関するまとまった報告は少なく、我々にとっても課題といえます。


参考:日本腎臓学会誌第44巻 腎臓専門医研修カリキュラム

日本腎臓学会誌 第49巻 特集 CME

日本腎臓学会誌 第52巻 日本内科学会研修カリキュラム:腎臓分野(案)


腎・高血圧・内分泌科見学のお問い合せ先


血液浄化療法部見学のお問い合わせ先

joukabu*hosp.tohoku.ac.jp (*を@に変換してください) 

電話 022-717-7392

- Top | Home -