トップページへ戻る

リンク | サイトマップ

腎生理グループ

 我々のグループでは、腎臓内一酸化窒素(NO)と酸化ストレスのバランス等による腎臓内の局所血行動態の変化や尿細管再吸収機能の変化に着目した、腎臓生理学的な見地からの腎機能・腎障害の病態生理学的研究ならびに、腎保護効果機序の解明を目指して研究活動を行っております。 また、腎代替療法の一つである腹膜透析療法における腹膜機能低下機序の解明ならびにその予防策の開発を目指した研究も行っております。
 詳細なメカニズム解明のためには、患者様由来の初代培養細胞も含む、培養細胞系を用いた検討を行っております。これと並行して腎臓の生理機能の解明には、実験動物(主にラット)を用いた慢性実験、急性実験を行っております。
研究成果は国内だけではなく、海外において開催される学会においても積極的に発表しております。ご興味頂けましたら、ぜひ気軽にお問合せいただけましたら幸いです。

≪メンバー≫

森 建文 (東北医科薬科大学へ異動)
大崎 雄介 (助教)
島田佐登志 (大学院生)
松木 琢磨 (大学院生, 小児科)
李 磊 (留学生)
高橋 知香 (技術補佐員)

- Top | Home -