トップページへ戻る

リンク | サイトマップ

2011-9-20

平成23年度M-CKDI市民公開講演会のご案内

 

宮城県慢性腎臓病対策協議会(M-CKDI)の市民公開講演会が10月30日(日)に開かれます。

事前申し込みで、どなたでもご参加いただけます。
下記の申込用紙にご記入の上、10月24日までにお申し込みください。
たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。

 

  • 日時 :  10月30日(日)  午後1時30分から
  • 場所 :  古川商工会議所  第五研修室  入場無料(要申込み)

 

  • -腎臓を護ることは生命を守ること  2011-
  • ■講演1:知っておきたい高血圧の話
  •   東北大学大学院医学系研究科腎・高血圧・内分泌学分野教授  伊藤貞嘉 教授
  • ■講演2:「目で見る糖尿病性腎症」
  •   東北大学薬学研究科臨床薬学分野  佐藤  博 教授
  • ■「患者さんの疑問に答えるQ&A」  伊藤貞嘉 教授、佐藤  博 教授

 

主催 :  宮城県慢性腎臓病対策協議会、MSD株式会社、河北新報社
後援 :  日本慢性腎臓病対策協議会、日本腎臓財団、宮城県看護協会

 

応募先・お問い合わせ :  河北新報社営業部「慢性腎臓病講演会」係
TEL: 022-211-1413(平日9:30-17:30)
FAX: 022-227-0923
E-mail: oubo*po.kahoku.co.jp(*を@に置き換えて下さい)

お申し込み締め切り:平成23年10月24日(月)必着

 

詳細については、下記のサイトでご覧いただけます。

宮城県慢性腎臓病対策協議会(M-CKDI)ホームページ:http://www.m-ckdi.assoc.med.tohoku.ac.jp/

 

 

申込用紙(クリックするとpdfファイルがダウンロードされます。)

 

 

 


タグ : イベント

2011-7-25

腹膜透析(PD)外来はじめました

 

この度、腎・高血圧・内分泌科では腹膜透析(PD)療法をはじめました。
PD療法は末期腎不全患者の患者様のお腹の中に一日数回透析液を出し入れし、腹膜を使って透析をする方法です。

 

一般的には月1回程度の外来受診で可能であり、お仕事をされている方や血液透析施設から遠い方などにライフスタイルに合わせた在宅透析療法になります。

 

PDの一日

 

だからといって腎臓が悪くなってもいいというのではありません。
腎臓は体の毒素を排泄するだけでなく、多くの役割があります。
腎不全になってもなるべく残された腎機能を保つのが、長生きの秘訣です。
ですから、PD外来では透析が必要になる前から腎機能を保つ治療を最大限行います。

それでも残念ながら透析が必要になりそうな場合、血液透析の前にPD療法を行い、残された腎機能を最大限使い、血液透析導入を先送りします。
これがPDファーストという考え方です。
また高齢者もPDに向いているといわれています。

 

下記に該当する方はお気軽に外来看護師か下記窓口に電話、メールにてお尋ねください。

① 血清Cr(クレアチニン)値3.0mg/dl程度以上の慢性腎不全患者様で将来のPD治療に興味のある方。

② お仕事などで血液透析に通院(週3回程)するのが困難な方。

③ 在宅透析に興味のある患者様。

ただし、原則として血液透析が導入されていない患者様が対象になります。
ご不明な点はお問い合わせください。
他院や他科通院中の患者様がPD外来を受診する場合は紹介状が必要です。

 

毎週火曜日午後1:00より腹膜透析(PD)について簡単な案内を行います。お気軽にご参加ください。
事前外来予約いただける場合は詳細な説明を行います。

 

腎・高血圧・内分泌科外来
電話:022-717-7778
e-mail:pd * int2.med.tohoku.ac.jp(左記 * を@に変えてください。)

窓口担当医師:森 建文

 

 

 


タグ : その他

2011-7-11

第20回支倉フェロー成果発表会にて当科の中道先生が研究報告を致しました。

 

7月4日に実地された発表会では、欧州腎臓透析移植学会(XLVIII ERA-EDTA Congress・6月23日-26日・チェコ共和国プラハ)での学会報告を致しました。。

 

演題:「PYRIDOXAMINE AMELIORATES GLOMERULOSCLEROSIS IN EXPERIMENTAL CHRONIC GLOMERULONEPHRITIS THROUGH REDUCTION OF OXIDATIVE STRESS」

発表会の詳細については、東北大学医学系グローバルCOEプログラムのウェブサイトでご覧いただけます。

 

 

 


タグ : 学会報告

2011-3-21
外来診療再開のお知らせ

3月22日(火)から外来診療を再開いたします。
詳しい内容に関しては、東北大学病院ホームページ(http://www.hosp.tohoku.ac.jp/)をご覧ください。


タグ : その他

2011-3-14
東日本大地震の被災者の方々、関係者の方々へ
このたびの大規模地震に被災された方々、ご家族、関係者の方々には心よりお見舞い申し上げます。
東北大学腎高血圧内分泌科医局員一同、皆様のご健康と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

腎高血圧内分泌科の連絡事項、現状のご報告は、下記サイトでお知らせしております。
地震災害用緊急連絡ホームページ

こちらもご覧ください。
腎生理ブログ


タグ : その他

2011-3-10
世界腎臓デー in 川崎町

3月10日の世界腎臓デーに、宮城県柴田郡川崎町でイベントを開催します。
東北大学病院の医師による講演やビデオ上映、健康相談会も行います。
詳細は下記のポスターをご覧ください。
この様子は、こちらのページから生中継で配信予定です。どうぞお楽しみに!



タグ : イベント

2011-2-28
当分野の胡春艶さんが東北大学医学部 平成22年度Takahashi Memorial Awardを受賞致しました。
博士課程修了予定及び論文提出による学位取得予定の外国人留学生を対象に毎年1人だけ授与される賞です。
授賞式は学位記伝達式で行われるようです。
胡さんは藤野先生記念奨励賞に続いての受賞です。
胡春艶さん、おめでとうございます!


タグ : 受賞


2011-2-4
Takeda CKD Expert Meeting 2011のご案内

来る2月7日、Takeda CKD Expert Meeting 2011が開催されます。
先にお伝えした宮城アンジオテンシンカンファレンスと合わせてご参加ください。

日時:平成23年2月7日(月) 16:00~18:00
場所:艮陵会館2階「大会議室」
仙台市青葉区広瀬町3-34 TEL: 022-227-2721

基調講演:マイアミ大学医学部 腎臓内科 森脇久美子先生
『糸球体上皮細胞(ボドサイト)障害におけるミトコンドリア機能の関与』
特別講演:香川大学医学部 薬理学 教授 西山成先生
『脳心腎連関と局所RAS』
座長:東北大学病院 腎・高血圧・内分泌科 准教授 清元秀泰先生




タグ : イベント

2011-2-4
宮城アンジオテンシンカンファレンス2011のご案内

艮陵会館にて宮城アンジオテンシンカンファレンスが開催されます。
多くの皆様のご参加をお待ちしています。

日時:平成23年2月7日(月) 19:00~20:00
場所:艮陵会館2階「大会議室」
仙台市青葉区広瀬町3-34 TEL: 022-227-2721

特別講演:L. Gabriel Navar先生
『Intratubular/Interstitial RAS in Angiotensin Dependent Hypertension』
座長:東北大学大学院 医学系研究科 腎・高血圧・内分泌学分野 教授 伊藤貞嘉先生




タグ : イベント